*雀荘 Bob*
ヤマさんゲーファンブログ+α。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/05/19(金)   CATEGORY: DD小噺
夕陽の決闘
夕陽の決闘
“お前が勝ったらカレータダ食い一週間。
俺が勝ったら、雀荘店員としてタダ働き一週間…。
良いだろう…この勝負、受けて立つ!
…だが、だがしかし…!”

夕焼けの中、仁王立ちして叫ぶボブ。

“踏むか、J!俺の影を!(くわっ)
…なあ、J。もし、…もしも、俺が影を踏まれると死ぬ体質…だとしたら?
たとえば僕が 死んだ・らー(唐突に歌)…”

胸を打つ哀切なメロディーに乗せて、低い男の声が茜に染まった空に響いてゆく。

“……”

たしっ

そして歌声は、唐突に途切れた。
嗚呼。その残酷な迄に迷いの無い、軽やかな靴音よ。
ボブの眼前には、微笑みながらボブの影を踏みしめるJの姿があった。
友の命と、タダカレー。
逡巡したのは、時間にしてわずか1ミリ秒(0.001秒)。
赤射蒸着並の速さであったという。

“あァァァんまりだァァアァ~”

再び茜の空に轟くは、ボブの漢哭き(エシディシver.)。
勿論、死ぬ云々は大法螺だが。
それでもボブは、哭いた。漢哭きに、哭いた。
しかしその慟哭も、既に来たるべき黄金の日々へ旅立っているJの心には、最早欠片も届いてはいなかった。

佇む駄目大人、二人。
じりじりと沈み行く夕陽は、ただ静かにそんな二人の影を伸ばしてゆくのであった。

*********

《馬鹿小噺・影踏み回想編》~完~

なんじゃこりゃぁ!
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

S嬢 | URL | 2006/05/19(金) 10:03 [EDIT]
あの場面が・・!ワロタwww
あとサイトのほうへの拍手ありがとー!

S嬢は 雀荘Bobを応援します

99雀 | URL | 2006/05/19(金) 22:04 [EDIT]
いらっしゃーい。
ワロてくれてありがとうw(´∀`)
ちまちま塗った甲斐があったー(正直、途中でめんどくなってしばし放置してました)。

S嬢のサイトも、またこっそり遊びに行きますねんv
可愛いイラスト満載で、じっつに眼福ですよ…!

TRACK BACK
TB*URL
copyright © *雀荘 Bob* all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。